FC2ブログ

【実録体験記】絶対出会える既婚アラフォーの出会い系活用術

ご質問はお気軽にお寄せください。

人妻たちと出会いたいのなら

おススメNo.1 出会い系サイトの決定版 PCMAX 

おススメNo.2 コスパは最強か ワクワクメール
おススメNo.3 会員数は最大 ハッピーメール

※上記サイトは18歳未満の方は利用できません。

セフレならぬ、フェ○友ができた笑

出会い系サイトの出会いというのは、やはり一種特殊なものである。
出会い系サイトを通じての出会いは、
どうあっても、「普通の関係」にはならない。
セックスが前提となっているのだとつくづく思うのである。
要は、出会いが発展・継続するか否かは、
ほとんどすべてセックスできるか否かにかかっており、
相手に対するセックスの興味がなくなった時に関係は解消する。
または強制的にさせられるのだ(トホホ)。
「普通の友達」になるとかは、基本的にない。

ある意味で、男女の素直な関係とも言え、
男女を超えた友情だとか、性欲を抜きにした、
そういう生ぬるい、一種ごまかしのような関係は成立しないのである。
その意味で、「普通の関係」しか成り立たないとも言える。

ただ、面白いことに(と言っていいのかわからないけどね)
セックスの関係は成り立たないが、性欲までは抜きにしない、
端的に言えば、会うたびにフェラはしてくれる人妻がいる。
しかも、これが一人ではなかったりする!(これがホントだからビビるでしょ)

では、そのうちの一人、いうなれば、
ワンオブフェラ友ズとの出会いを紹介しよう。

共通のスポーツの話題で盛り上がる
私は学生の時にあるスポーツをしていた。
それは非常にマイナーで、女性競技者もいるが、
女性ウケが良いとは言えない、というか、
名前すらあまり知られていないから、プロフィールには記載していない。

しかし、人妻のプロフィールを見ていたら、
たまたまそのスポーツの名を見つけた。
マイナースポーツで狭い世界だから、
もしかしたら知っている人かもしれない、というリスクはあったが、
現役から離れて20年近くなので、まあ、大丈夫だろうとメールを送ってみた。

ただ、人妻は同世代だから、
現役から何年離れていようと現役の時にどこか顔を合わせている可能性はあるよね、
と後から気づいたが、互いに覚えている可能性は低いし、
仮に同じ学校出身だったとしても、
互いの素性は知っているイーブンな関係だし、同じ穴の狢だから、
弱みを握られるようなことにはならず、慎重な私にしてはやや軽率ではあったが、
ひとまずは大丈夫と思い直した。

と、いろいろ考えたようだけど、人妻(仮名マドカ)の食いつきはよく、
すぐに返信が来て、直メ(LINE)のやり取りをしていた。
やり取りを重ねる中で、やけに話が通じるので上記のことを思ったのだ。
まあ、この点は杞憂に終わったけどね。

今は恋人を作る気はないらしいが

やり取りを続けていたら、当然、会おうということになる。
というか、その方向に持っていかねばならない!

ただ、LINEのやり取りの盛り上がりに比べると、
会うことに対するマドカの食いつきはそれほど良くない。
曰く「今は恋人を作る気はない。ただ、会ってみたい気はする」である。
どうも、他に会っている男がいるらしく、
サイトはほぼ日記を書くために使っており(そういえば、日記を書いていた)、
基本メールは無視していていたが、
マイナースポーツのことが書かれてあったので、うれしくて返信したらしい。

なるほど、他に男が……
などと引き下がる考えはまったく持ち合わせてはいない!(笑)

別に結婚するわけじゃないから、
他に何人と付き合っていようがいいし、
そもそも我々は互いに既婚者で、既にパートナーがいるではないか。

と、「正論」をぶつけても引かれる可能性があるので、そこはほら、
「恋人どうこうは抜きにして、
めったにいないマイナースポーツ経験者ですし、
ゆっくり話をしましょう」で押し切った。

マドカもこっちに興味を持っているわけだし、
会うための言い訳を作ってあげれば、後は簡単なのだった。

セックスには至らなかった。が……
マドカとは定番の渋谷で会った(もちろん、ホテルに行きやすいから定番なのだ)。
39歳の年下で、少し小柄だったが、チチは大振りだった。
美人とは言えないが、愛嬌があってかわいらしかったね(と自分を棚に上げて言うw)。

最初の1時間くらいはこじゃれたレストランで
メシを食いながら、マイナースポーツの話をしていた。
これはこれで楽しいし、続けていても良かったが、
そこはそこ、そこはアレである(笑)
ホテルに誘った。

でも、やっぱり乗り気ではないというか、抵抗を示してきたね。
ただねー、マイナースポーツの話をしながらも、
セックス(レス)がどうとかそういう話はしてくるし、
乳は大きさではなく、形が自慢らしい、という話もしたし、
テーブルの下で妙に足をくっつけてくるから、
なんだかイケル気はするという確信はあったんだよね。
会って初日だし、一応、私も相手の反応を見ながら誘っているわけで。

マドカの中で逡巡があったようだけど、「行こう」ということになったのだ。

ただ、その後は、そう、お察しの通り、フェラどまり、
イチャイチャしながら、最後はフェラでフィニッシュ(笑)
どうやら、マドカの中で規定があるらしく、
セックスをしたら付き合っていることになり、
セックスでなければ、他は何をしてもいいらしい。

ええ、、、そういうものなの?
わかるようでわからないような。
うーん、でも、チチもたっぷり堪能させてもらったし、
すっきりはしたがすっきりしないものも残りつつ(笑)
その後は、たまに会って(その時は直接ホテルに行き)、
話をして最後にフェラをしてもらう
という謎の関係が継続しているのである(本当に謎だ)。

(付き合っている男がいなくなればセックスできるのかもしれないが、
フェラがとても気持ちいいので、特に深入りせず、
この関係を維持する方向でいます)

こういう関係の人妻ができるとは、
まったくこれっぽっちも思っていなかった。
しかも、良く言えばフェラをしてもらえる、
悪く言えばフェラどまりの人妻は複数いるわけで。
(別の人妻の話も追い追い、それぞれ事情が異なるので)

一つ言えるのは、人妻はフェラが好きね。
これはけっこう共通して言える。
セフレになっている人妻も、入れる前に必ずフェラしてくるし、
はてた後も元気にして舐めてくる。
「フェラが好き」と公言されたら、そりゃ元気にもなるよ(笑)

フェラ友は狙ってできたわけではないが、
出会い系サイトを使っていたらこういうことも起こる
と、言えないこともないとは感じている。

自分なりに分析すると、
ここに出会い系サイトの出会いの一種の特殊性を見るのである。
つまり、繰り返しいうが、出会い系サイトの出会いは、
セックスまたは性欲を前提にしていることが特徴なのである。
最初のきっかけがスポーツだろうが趣味だろうが、
「会う」背景にはほぼ必ず性欲がある。
このため、互いの性欲への壁は低く、セックスまたは
それに類する行為(フェラとかね。このほか、キスとか触るとか)が実現しやすい。
それもそのはずで、だって、初対面の段階で、
この人とセックスできるかどうかを見極めるようとするんだよね、男女ともに。
従って、一定の基準に達したなら、最速でその日のうちにセックスできる。
逆に達しなければ、連絡そのものがその日以降できる可能性はほぼなくなる(ガーン)。

アラフォーのおっさんたる私は、
普段からも女性をセックスできるかどうかという目で見てしまいがちだが、
もちろん、内心考えていることなどおくびにも出さないし(出てないと信じているし)、
触りたいと思っても触ることは決してない(当たり前のことだが)。
また、仕事の時などは、アラフォーのおっさんたる私ですら、
完全仕事モードになり、この人とセックス、なんてことは全然考えない。
同様に女性が年がら年中発情しているはずがなく、
セックスしましょうなどという発言をするのはほとんどタブーに近いくらい憚れる。
仮に二人で食事などの状況だったとしても、
相手がどういう意図で誘いに応じたかが読み切れず、
さらに、その場合は基本的には互いに知った仲だから、後々の関係を考え、
やっぱりセックスしましょうとは言いだしづらいのだ。

一方、出会い系サイトを通じての出会いは、後腐れのない無関係という関係で、
かつセックスの話をすることへの了解が
暗黙の中でまたは明示的に取れていることが大きく、
言ってみれば互いに「出会い(セックス)モード」になっていて、
触ることもホテルに行こうと提案することも、
日常の中での出会いに比べると、グッと容易にできるのである。
(あくまで比較して容易だから、必ず大丈夫なわけではないよ)

フェラ友ができたのは結果に過ぎず、
フェラ友できる素地はもともとあったのである。

ま、結局はセックスに至っていないから、
これがいいか悪いかはわからんけど(笑)
ともかくこれも体験記として綴っておこう。

では、良い出会いを!
スポンサーサイト
[PR]

【初心者必見】これで出会える出会い系サイト

今回は出会い系サイトの使い始めの段階で、
注意すべきことや、出会うためのコツなどを紹介してきたい。

前回伝えた通り、ここ数カ月ハッピーメールを改めて本格的に使ってみた。
久しぶりにハッピーメールを使って、初心に戻ったとでも言おうか、
「そういえば、使い始めってこういうことあるよな」
というのを思い出したのである。

せっかくなので、初心者が陥りがちな失敗、
成功するための利用の仕方をまとめたいと思う。

出会い系サイトを長年使っているからこそ(何の自慢にもならないが。。。)、
見えてくることもあったので、
その点も合わせてお伝えできれば幸いである!

最初はとにかく(無料ポイントを)使いまくる
今や出会いサイトのノウハウは玉石混交でたくさんある。
本サイトもそんな有象無象の一つだ。
(本サイトは有益な情報を真摯にお伝えしていることは断言・約束するが)
つまり、ノウハウに関してはいくらでも貯められる状況にあるのだ。

一方で、使わなければわからないこと、
使ってみてわかることが多くあるのもまた事実。
従って、一定量(期間)は自分で使って、
自分なりのコツをつかまねばならないと言えるのだ。

プロフィールの書き方、メールの書き方などは
本サイトでもかなり詳しく紹介しているが、
それらを基に最終的には自分なりのアレンジを加える。
使っていくうちに、プロフィールはこの書き方がいい、
この相手にはこのメールがウケる、ということが何となくわかってくる。
業者と一般の人との区別もつくようになるだろう。

では、具体的にどのくらい使えばいいのか。
目安として、最初の付加される無料ポイントを
使い切るくらいになった時に
ノウハウがなんとなく見えてくる。
できるなら、PCMAXワクワクメールハッピーメールに登録して、
最大限に無料ポイントをゲットして使うことをおすすめする。
課金は、トータル1万円を上限に、する心積もりでいたほうがいいかもしれない。
無料ポイント内で出会えるのは、はっきり言ってラッキーだからだ。

中には、「無料ポイントで出会える」とうたっているサイトもあり、
それは嘘ではないが、絶対ではない
無料ポイントで出会うのは、ラッキーパンチが当たったのだと
みなしたほうがいいだろう。

ただ、ラッキーで出会えればそれはそれで良くて、
その出会いを大事にすればいい。
ラッキーパンチを狙うつもりで、無料ポイントを使いまくっていいのである。
課金しないからと言って、出会いサイトから苦情を言われることはない。
その点は安心してほしい。

また、最初の段階でけっこう危険なのが、
あまたある出会いサイトのノウハウを無批判に信じ込んでしまうことだ。
おそらく、あるサイトに出ているノウハウ集を
そのまま(何も考えずに)コピーして使っても望む結果は得られないだろう。
なぜなら、出会いサイトを使う本人(つまりあなた)、
ターゲット(どんな人妻を狙っていくか)、
状況(社会環境、季節など)がまったく同じということはないからだ。
好き嫌いという、センシティブな感情に関わることなので、
本当にどうでもいいようなことが、結果を変えることは多々ある。
そのへんの微差だけど重要なことはノウハウ集ではカバーできないし、
実際に使わないとわからないものなのだ。

自分と相性のいい出会いサイトを見つける
PCMAX、ワクワクメール、ハッピーメールと
複数のサイトへの登録をおすすめするのは、
無料ポイントをもらうこと以外に、
自分と相性のいい出会いサイトを見つけるという意味もある。


一口に出会い系サイトといっても、サイトごとに
異なる特性やクセみたいなものがあるのだ。
女性(人妻)の登録層も異なり、この関係で、
自分と相性のいい人妻がいる出会い系サイトも異なってくる

私はPCMAX、ワクワクメール、ハッピーメールを使って、
次第にPCMAXを使うことに落ち着いていった。
理由は簡単で、PCMAXが一番出会えたから。

ただし、これはあくまで、私・けいしの場合の話なので、
あなたがどのサイトと相性がいいかは未知数。
(PCMAXとハッピーメールの違いはこちらも参照のこと)
サイトデザインによる、感じる使いやすさの違いもあるだろう。
PCMAX、ワクワクメール、ハッピーメールは定額制ではないので、
無料で使えるのだから、お試しで使って相性を見てみよう。

もちろん、3サイトに登録したからといって、どうということはない。
中には、やり取りしている人妻にばれるのではないか
という謎の不安を聞くこともある。
なぜバレるのか、ちょっと理屈がわからない。
考えられる状況としては、やり取りをしている人妻が、
複数サイトに登録し、あなただと思われるプロフィールの有無を
注意深くチェックすることだろう。
そんなヒマな人妻がいると思う?まあ、いないよね。
そもそも、男からのアプローチがガンガン来る人妻は、
一つのサイトに登録してあればそれで十分。
男に比べれば、複数サイトに登録してあること自体が稀なのだから、
人妻にバレるのではないかという不安はまったく不要なのだ。
ちなみにいうと、私はバレたことがない。
どうしても気になるなら、名前を変えて登録をすればいいだろう。

個人を特定される情報は絶対に漏らさない
これは出会いのノウハウとは少々異なるが、一つ注意点を。
人妻との出会いが実現しそうになった時、
あるいは実際に実現した時、
いわゆる個人情報を安易に漏らケースがある。

出会った人妻から実際に聞いたところによれば、
名前や勤め先を明かす人は一定数いる。
中には、名刺を渡す人もいるとかで、
信頼関係のさらなる構築、
あるいは職業・勤め先の一種の自慢であることは推測できる。
しかし、職業は良いとして、なぜ勤め先まで言ってしまうのか。
なんとか出会おう、出会ったからには好きになってもらおう、
ひいては、セックスまでなんとかたどり着くために、
自分は安心安全の存在であること、魅力ある存在であることを
アッピールするのはわかるが、危なかっしいことこの上ない。
というか、よくそれをする勇気があるなと感心する。
(私などは可能な限り、写真交換もしない方向に持っていくのに)

我々はアラフォー既婚男性である。
身分を明かすことがたとえプラスに働いたとしても、
個人を特定できる情報はなるべく出さないほうがどう考えても無難だろう。

出会い系サイトの非常に大きな特徴は「軽さ」だ。
本名も住所も知らないが、最低限の信頼関係は構築され、セックスはできる。
LINEのやり取りはするが、電話番号までは知らない。
だからこそ、深い関係にはならず、悲しいことではあるが、
簡単に切る・切られることができる関係である。
出会い系サイトを使う人妻も、そうしたライトで自由な関係を求めている傾向にある。
このため、本名を明かしたり勤め先を明かしたりすることはいかにも重く、
サービスのつもりでも、ニーズと相反してしまうのだ。


なお、私で言うと1年以上にわたり3人の人妻と定期的に会っているが、
こちらの本名すら明かしていないし、向こうのも知らない。
わかっているのは、年齢、仕事の有無、子ども有無、
その他、個人の趣味嗜好くらいである。
それでも、セフレや婚外恋愛の相手としての関係は
成り立っているから、これでいいのだと思う。

自分が情報を開示したからといって、
向こうがするとは限らないし、強要もできない。
初心者のうちは業者と気づかずにやり取りをしているリスクもあるだろうから、
やっぱり出来るだけ、個人情報を明かさないほうが安全だろう。

実際のところ、よほど特殊な名前か有名人でもない限り、
本名を知られたところで、どうということはない。
ただ、個人情報は一つ明かすごとに身バレのリスクも
ちょっとずつ上がるわけだから、常に慎重にはなったほうがいいね。

以上、初心者向けのノウハウを紹介してきた。
やや概念的というか、心構え的な話が中心だったかもしれないが、
非常に重要な部分なので、ご理解いただければと思う。

ぜひ良い出会いを!

ハッピーメールを使った感想と、出会う場合のコツ


ハッピーメールを2カ月ほど使ってみた。
ハッピーメールは出会える出会い系サイトなのか。
結論からいうと、出会える出会い系サイトである。
実際に出会ったのだから、これは断言できる。
ただ、初心者には難しいのではないかという思いを持った。
ハッピーメールはどんな特徴のある出会い系サイトなのか。
メインで使っているPCMAXと比較しながら、
実際に出会うための注意点やコツなどを紹介したい。

ハッピーメールのメリット・デメリット

<メリット>
もっとも大きなメリットは登録数が多いことである。
公式には「累計登録数2500万突破」とある。
出会い系サイトの肝は、どれだけ登録が多いか、
それもどれだけ女性の登録者がいるかだ。
どんなに優良サイトを謳っていても、男性から見れば
女性の登録者がいないことには、何の勝負もできない。
この点、ハッピーメールは圧倒的で、業界NO.1とされている。
本ブログで紹介している他の大手サイトと比較すると、
PCMAXが「会員数1500万人」、ワクワクメールが「会員数800万人」だ。
ハッピーメールがダントツと言えるだろう。

ただし、「累計登録数」となっていることには注意が必要だ。
要するに、退会者や登録したものの使っていない者も含んでいるということである。
いま現にどのくらいの会員がいるのかはわからない。
2500万人ではない、これより少ないことはまず間違いないだろう。
とはいえ、PCMAXとワクワクメールについても
「いま現に使っている会員数」を割り出しているかは不明だから、
ハッピーメールが累計登録数としているのは正直な姿勢と言えないこともないけどね。

それに、やはり女性(人妻)の数が多いことは使っていても実感できる
かなり絞り込みをかけて検索しても、必ず人妻は出てくる。
また、新規の登録があるのも目に見えてわかる。
その分、多くの人妻にアプローチできるから、
出会える確率も上がる
のだ。
ハッピーメールを使っていると、
やはり出会い系は女性の登録数次第だということが思いしらされる。

このほかのメリットとしては、
プロフィールの閲覧が無料、足跡を残さない設定ができることが挙げられる。
このへん、ワクワクメールと似ており、コスパも高いと言える。

<デメリット>
ハッピーメールの難点として、
一般の人妻と業者の区別がつきにくいことが挙げられる。
なお、この場合の業者とは、デリヘル(個人営業含む)、
パパ活、キャッシュバッカーなどで、一般の人妻以外を指す。

サイトにアクセスすると同時に20代の若い子たちが、
足跡をつけたりいいねしたり、メールを送ったりするのは、
PCMAXやワクワクメールでも変わりないが、やはり数が違う。
しかし、数が多かろうが少なかろうが、
20代の若い子(しかもだいたいかわいらしい写真を張り付けている)が、
アラフォーのおっさんにアプローチしてくるわけがないから、
常識的に考えれば、冷静に対処もできるというもの。
つまり、無視すればいいわけで、騙される余地はほとんどない。
そもそも、私たちのターゲットは同年代の人妻だから、
20代は最初から相手にしないから業者がどれだけいようと
ほとんど関係のない話なのだ。

しかし、ハッピーメールについては、
30代後半以降にも一定数の業者がいると考えられ、
足跡をつけたりいいねしたり、メールを送ったりする。
しかも、ハッピーメールはPCMAXと異なり、プロフィール欄が簡素だから、
ぱっと見では業者と一般の人妻との区別が難しい。
ワクワクメールもプロフィール欄は簡素だが、それよりもずっと薄いのだ。
さらにメールはいかにも一般の人妻が送ってきそうな内容とも捉えられる。
ずいぶんこなれているなと感じられた。

これについての解決策は、女性からのアプローチは完全に無視するか、
一般の人妻ではないかと思われるものに対しては、
メールを送るなどして判別するしかない。
(数回やり取りをすれば、業者は業者だとわかる。また別途詳しく解説したい)

基本的には女性からのアプローチは業者だと思っていいが、
その判断をするのは、出会い系サイトについての慣れが必要だ。
このため、ハッピーメールは個人的には初心者にはやや不向きだと思う。
ただ、好みの問題などもあり、一概には言えないこともある。

この点について、PCMAXと比較をしながら、
ハッピーメールで出会うためのコツを紹介したい。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、がいいかも

上で示した通り、ハッピーメールはプロフィール欄が非常に簡素である。
たった2~3行で済ませている場合も少なくない。
しかも、プロフィール欄が薄いからといって業者と断じることはできず、
同様にしっかりと書き込まれているからといって、一般の人妻とも限らない。

薄いプロフィール欄が量産されているハッピーメールにどう対処していけばいいか。
一つの有効な解決策と感じているのが、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると、
とにかくメールをたくさん送ってみることである。
それも、あまり細かいことは書かずに、
「プロフィール欄見ました。少しメールしませんか」程度の内容で十分と言える。

なぜか。
人妻のプロフィールにほとんど情報がないのだから、
こちらが手厚く書きようがないのだ。
また、数回試した結果でいうと、
こちらの情報を変にしっかり書き込んだメールと、
「メールしませんか」のような軽いメールとでは、
軽いメールのほうが返信率が高い
おそらく、ハッピーメールはライトなユーザーが多く、
とりあえず登録したケースも少なくないのだろう。
そうした人妻に対し、しっかり書き込んだメールはいかにも重い。
それよりも軽いやり取りが好まれ、
LINE感覚で短いメッセージをするほうがいいのかもしれない。

この点、多くの人妻がプロフィールを
ガッツリ書き込んであるPCMAXとは大きく異なる。
PCMAXはむしろ軽いメールは敬遠され、
一人ひとりに合わせてカスタマイズすることが求められる。
気の合いそうな人妻を見つけ一本釣り目指すか、
手当たり次第にメールを送ってひっかかるのを待つか。
好みの分かれるところだろう。

以上、ハッピーメールの特徴を、PCMAXの違いから明らかにした。
現時点では、とにかくたくさんメールを送ることが、
ハッピーメール攻略のコツだと考えている。
ただし、ハッピーメールの使用歴は、PCMAXに比べると浅い。
十分に熟知しているとは言えない面もあるから、
今後さらに攻略法などがわかったら、随時お知らせしていく。
期待していてください。

2020年7月現在の出会い系の状況は

新型コロナウイルスは、出会い系にどのような影響を与えているのか。
あくまで個人的に感じていることをお伝えします。

もっとも大きな影響があったのは緊急事態宣言が出された4~5月です。
この間、私自身は、サイトへのアクセスはしていたものの、
積極的に会うようなことはしませんでした。
個人的な意見ですが、既婚の身としては
リスクは小さくても避けたほうがいいとは思っています。

ただ、仕込みはしていたので、今はうまく作用しています。
新規にLINEの交換などをできた人妻は、5人いました。
それほど積極的にアプローチしたわけではなかったのですが、
食いつきは良かったです。
外に出られないストレスを
メール(LINE)のやり取りで解消するといったところでしょうか。

一方で、以前同様の感じで、会おうとする人妻もいました。
緊急事態宣言のさなか、「会おうよ」と連絡を受けました。
正直、5月に入ってだいぶ落ち着いた時期でしたので、
大丈夫だろうと迷いはありましたが、断りました。
これで縁が切れるのは仕方がない、
それよりもリスク回避を重視しました。
結果として、向こうも断れるのは想定の範囲内だったみたいですね。
解除後に改めて連絡がありましたので。

解除直後には、メールのやり取りしかしてなかった人妻
新規を含め3人と会いました。
仕込みがうまくいったんですが、その後またのっぴきならぬ状況になってきたので、
2回目3回目となかなか続けにくくなっています。。。
ただ、3人会ったうちの一人とはその日のうちにセックスできました(笑)
その話は別途、またご報告ということで。

現状はまた仕込みの時期に入っている感じがします。
サイト内で今は会うのを避けたいと明言する書き込みも目立ってきました。
ただ、非常事態宣言が出されているわけではないので、
それどころかgotoと言っているので、
会う・会わないの判断は、本当に個々に寄っています。
メッセージのやり取りを続けていた人妻に、会おうと言ってみたところ
色よい返事が返ってきました。
(ただ今調整中で、実際にはまだ会っていません。
状況が変わったら、リスケもあり得るかと感じています)

また、会社員として普段から外に出ている人妻は会いやすいようです。
一方、専業主婦はなかなか外に出にくいのではないでしょうか。
やはり反応は鈍いです。
これはなかなか外に出るきっかけを作りづらい現状では、
いたし方のないところもあります。
加えて、特に夜の時間帯はゆっくりと時間を使えないので、
現状では会っても短時間となる可能性は高く、
セックスまで行きつけるかは不明と言えます。

ただ、褒められたことではないんですが、
今日は在宅勤務だから昼から会えますよ、
というメッセージをもらったこともあるので、
昼の時間をうまく活用している人もいるでしょう。
まともに働いている身としてはちょっと驚きましたが、
外回りという立場を利用して昼の時間を活用したこともあるので、
まあ、同じ穴の狢です。

なんとなく、現状を感じ取っていただけたでしょうか。
先は見えないので、基本的にはメッセージのやり取りのみのことが多いですが、
羽目を外そうという考えを持っている人妻がいるのも事実です。

状況はまた変化すると感じています。
動きがあれば、またここを通じてご報告いたします。

緊急のご連絡/ラブサーチについて

本サイトで紹介しているラブサーチですが、
2020年10月1日から会員資格に「独身であること」が
追加されるそうです。

なんと!!!

ということは、アラフォー既婚者の我々は基本的には
使用不可になってしまいます。

まあ、馬鹿正直に規約を守る人がどれだけいるかは不明ですが、
本サイトの趣旨とはズレるので、リンクなどは随時、外していきます。

ラブサーチは出会い系サイトの右も左もわからなかったころに
大変お世話になり、実際に出会えもしました。
ただ、最近はほとんど使っていなかったので、
これを一つの区切りとさせていただきます。

代わりに、と言っては何ですが、
ハッピーメールを改めて使ってみます。

うまくいきましたら、ここでも使い方を紹介します。

なお、今は大っぴらに出会いの活動はしにくいですが
(大っぴらにできないのは以前からですが)
宣言解除後にほそぼそと活動を続けています。

その結果なども改めてご報告させていただきます!